浴衣の洗濯

MENU

浴衣の洗濯は自分でやると相当大変です。

夏祭りや花火大会で着た浴衣をどうするのか、困ってしまうという方は多いと思います。

 

汗やほこりで汚れた浴衣は、できれば洗濯したいものです。

 

まずは、浴衣の取り扱い絵表示を確認します。

「手洗いマーク」「洗濯機マーク」が付いていたら→自宅で水洗いできます。

「水洗い不可マーク」が付いていたら→クリーニング店に任せましょう。

 

次に、色落ちするかどうかをテストします。

水にぬらした白いタオルで色部分を軽くたたいて、色が付く場合は色落ちする可能性が高いです。クリーニング店に任せるか、家庭で洗う場合は、他の衣服とは一緒にせず1枚だけで手早く洗いましょう。

 

洗剤は、基本的に中性洗剤を使います。
絵表示に指示があるなら、それに従って洗剤を選びます。また、洗う前に浴衣の衿をしつけておくと、型崩れ防止になります。

手洗いする場合、たらいやバケツに水をはり、洗剤を溶かします。

この時、必ず水を使うようにしましょう。お湯だと縮みの原因になります。浴衣をたたんで、やさしく押し洗いします。その後、きれいな水で数回すすいでから、洗濯機で脱水します。 

洗濯機で洗う場合、「手洗い(ドライ)コース」で洗います。

まず、浴衣についたごみや汚れを取ります。次に、浴衣をたたみ、ネットに入れます。汚れやすい浴衣のすそが外側にくるように折りたたむと汚れが落ちやすくなります。

 

脱水の前にのり付けすると、パリッと仕上がります。ただし、来シーズンまで着る予定がないなら、カビの原因になるので、のり付けはしない方が良いです。

 

洗った後は、しわをのばして着物の型を整えてから、陰干しします。

直射日光は、色あせの原因になってしまいます。干す時は、しっかり袖を広げて干すと、しわになりにくく、型崩れもしにくくなります。着物用のハンガーを使うと干しやすいです。着物用ハンガーがない場合は、袖部分を物干し竿に通して干すと良いでしょう。

 

アイロンをかける時も、取り扱い絵表示を確認して、生地に合った温度に設定します。
また、あて布をしながらアイロンをかけると、テカリ防止になります。アイロン用のしわ取り剤をスプレーするとパリッと仕上がりますが、洗った時にのり付けをしているなら必要ありません。

 

帯は基本的には洗えません。
絵表示に指示があるなら、それに従います。着用した後は、乾いたタオルなどで帯に付いた汗や汚れを取ります。それから、ハンガーにかけて陰干しし、湿気を取ります。しわのある場合、あて布を当てながら、アイロンをかけてしわをのばします。

 

私は手間を省くために、回収&仕上がったら自宅に届けてくれる宅配クリーニングを利用しています。