洗濯の色移り

MENU

洗濯時の色移りについて

宅配クリーニング

家庭洗濯において気をつけていても起きてしまうことがあるのが色移りです。

 

色が移ってしまった衣類は家庭では中々色を取り除くことが難しいので日頃から注意しておく必要があります。

 

また自己処理をしようとするとクリーニングでも処理できないという場合も出てくるのでご注意下さい。

 

洗濯を始めるまえに事前に色の移りやすい衣類を見極めると失敗を防ぐことができるのでおすすめです。

 

色移りを防ぐ洗濯方法で一番確実なのは洗濯前に色落ちするかを先にテストすることです。

 

色落ちしやすい衣類の特徴としてはまずは濃い色をしてる衣類があげられます。これは使われている染料の量が多いという単純な理由から染色堅牢度(せんしょくけんろうど)が低くなっていることがあるからです。特に青や赤の衣類が色落ちしやすいと言われていますので、この色のついた衣類と色の薄い衣類は分けておくことが大切です。

 

色移りがしにくい素材として有名なものにはナイロンやポリエステルなどの化学繊維があげられますが、逆にこれ以外の素材は色が付きやすいとも言えます。

 

特に天然素材は注意が必要で、クリーニングでも一番色移りが多いケースは綿だといわれています。

 

濃い色をした綿素材のものは色落ちテストをしたうえで洗う様にした方が良いでしょう。色落ちしやすいものには布以外にも刺繍の糸や、皮製品など装飾品にあたるものからの場合もあるので覚えておきましょう。

 

洗濯前に行いたい色落ちのテストの方法

白いタオルなどに洗濯用洗浄液をつけ、衣類の目立たない場所をトントンと軽く叩きます。この時にタオルに色がついてしまった場合には色落ちするので家庭用の洗濯機では洗わずに手洗いするか、クリーニング店に頼む方が良い衣類となります。

 

他の衣類と一緒に洗濯するのも避けた方がよいでしょう。

 

汚れを良く落とすためにお湯で衣類を洗う事もありますが、この方法は同時に色落ちもしやすい方法なので注意が必要です。濡れた状態で服同士が触れ合った場合でも色が移ってしまうことがあるので洗った衣類は放置せずにすぐに干す事もポイントのひとつとなります。

 

色移りをさせないためにはまず色物を分類し一緒に洗わない、衣類の素材にあった洗い方をするというのが大切です。

 

汚れは酸性の場合が多いので汚れを落とす効果は下がってしまいますが、色落ちのことを重視する場合には中性洗剤をしようすると失敗を減らすことができます。これらの注意点に気を付ければ失敗を減らすことができるので参考にしてみて下さい。

 

色移りが気になるということであれば自宅で洗濯するのではなく、プロに任せるのが一番!

 

宅配クリーニングを利用すれば回収・お届けまでしてもらえるのでお子さんがいるご家庭でも外に出ずにクリーニングが可能です。