ポリエステル製の衣類を洗う際に注意すべき点とは

MENU

ポリエステル製の衣類を洗濯する際の注意点

宅配クリーニング

ポリエステルの生地の特徴は、丈夫で耐久性が強いことから衣類に用いられることが多いです。

 

また、洗っても乾きやすいところから、温度の低い時期にも重宝されますし、シワもできにくいので、ユニフォームやおしゃれ着にも利用されることが多いです。

 

繰り返しの洗濯にも耐えられることから、洗濯機の使用ができることもありますが、おしゃれ着用のブラウスなどで、フリルやリボンなどの装飾が多い場合は、手洗いのみとなることがあります。

 

洗う必要がある際には、ポリエステルの衣類についている洗濯表示を確認するといいでしょう。

 

洗濯機の場合は、通常の弱アルカリ性の洗剤を使えますし、汚れ落ちがよいので、ポリエステルに適していると思われますが、手洗いの場合は、デリケートな装飾や、フォーマル用の衣類が多いため、中性洗剤の方が生地が傷みにくいことがあります。

 

使っても構わない場合は、液体の弱アルカリ性の洗剤を使うと汚れ落ちがよくなります。

 

ポリエステル生地は、吸湿性が少なく、化学繊維で静電気を起こしやすいことがあります。

 

そのため、体臭などを溜め込みやすく、皮脂などの汚れが落ちにくい特徴がありますので、注意しなくてはいけません。

 

他の汚れや臭いのひどいものと一緒に洗うと、ポリエステルの生地に蓄積されてしまうため、分けて洗う必要があります。

 

できれば、綿や麻などの天然繊維と混紡になっているものを利用した方が、汚れや臭いの蓄積を防ぐことができます。

 

日頃から、すすぎの時に柔軟剤を使用すると、静電気が起きにくくなりますので、ある程度の汚れの吸着を抑えることができます。

 

衣類に付いた臭いや汚れが取れにくい場合は、洗剤に加えて、酵素系の漂白剤を使用するといいでしょう。

 

洗濯機の場合は、洗剤と一緒に入れて洗い、手洗いの場合は、洗剤と一緒に適量入れた後、1時間程度浸け置き洗いをすると、汚れが落ちやすくなります。

 

洗濯機に乾燥機能が付いている場合は、高温になり過ぎぬように注意が必要です。

 

ポリエステルは熱に非常に弱いので、縮んでしまう恐れがあります。

 

十分乾きやすいので、できるだけ乾燥器は使わずに、外干しか日当たりの良いところでの室内干しを心がけるようにしてください。