ダウンジャケットをクリーニング

MENU

ダウンジャケットのクリーニングで注意すること

宅配クリーニング

ダウンジャケットは普通の洋服などの布やポリエステルなどとは違い、羽根毛や羽毛詰め物として作られているため、汚れたりした場合に綺麗にするには、普通の洋服とは違う方法できれいにしなければいけません。

 

ダウンジャケットの中には水洗い可能のマークがついているものもあり、自宅で洗濯をすることができるものもあります。しかし水洗い可能だからと言って、そのまま何も考えずに選択をしてしまうと逆に傷んでしまう場合もあるので注意しなけらばいけません。

 

自宅で洗濯をする場合には基本的には洗剤は必要ありませんが、汚れが目立つ場合には中性洗剤を利用して、手洗いの場合には優しく押し洗いするようにしましょう。また、アルカリ性の洗剤を使ってしまうとダウンが傷んでしまい、保温性や断熱性などが失われてしまいます。

 

動物性繊維であるため、一度傷んでしまうと修復することができないので気を付けなければいけません。

 

ダウンジャケットが汚れたときにきれいにする方法で一番多いものは、クリーニングに出すことになります。

 

しかし、クリーニングに出す場合には、お店によって値段に大きな差があるため気を付けなければいけません。高価格帯のクリーニング店では、高級なダウンジャケットを対象として扱っていることが多く、洗剤の選択から洗浄や乾燥の工程にもこだわりを持っており、通常のラインとは別で取り扱いをしています。

 

また、染み抜きや撥水なども料金に含まれていることが多くあり、高級なダウンやお気に入りのダウンを持っている場合には、お店をきちんと選ぶ必要があります。

 

気になるのがどのくらいの頻度でクリーニングに出せばいいのかになりますが、ワンシーズンしか着ないため汚れていなければ出さずにそのままの場合もあります。

 

しかし、汚れがないように見えても、見えない汚れがあったりしてそのまま放置してしまうと汚れが取りにくくなります。そのため、ワンシーズンに一回は出すようにすると無難になります。

 

ダウンジャケットのクリーニングは、保管もしてもらえる宅配クリーニングがおすすめです。