コートの洗濯

MENU

コートは自分で洗えるが、手間を考えると宅配クリーニングがおすすめ!

飲む日焼け止めサプリメント
秋冬、少し肌寒くなってくると上着は欠かせません。特にコートは毎日のように着られるという方もいらっしゃるでしょう。
しかし、そんなコートも毎日着れば寒い季節とは言っても汚れたり臭いがでてきてしまったりします。そうなると洗濯が必要になるのですが、コートを自分の家で洗うという方はあまりいないようです。

 

では、自宅で洗うことは不可能なのでしょうか。

 

実は、そんなことはないのです。しかし、注意点は数多くあります。今回は、コートを自分で洗濯する際の注意点を挙げてみます。

 

コートを自分で洗濯するならこんな点に注意して!

まず大事なのは取り扱いのための絵表示をチェックすること。ここに洗濯機のマークか手洗いのマークがついていなければ、諦めるしかありません。また逆に、水洗い不可マークが出ている場合ももちろん自宅で洗うことは不可能なので、クリーニングに出した方が良いでしょう。

 

また、絵表示で問題ない場合でも、凝ったボタンなどの飾りがあったり、毛足の長いものは避けた方が無難です。洗濯ネットを使用しても、飾りが壊れたり毛先がボロボロになってしまったりという危険があります。

 

ここまでの注意点を全てクリアできれば、いよいよ洗いです。とは言っても手洗いは大変なので洗濯機を使いたいところですが、その前にちょっと待ってください。

 

汚れが酷くなっていることが多い袖口や襟部分は先に手洗いをしておかないと汚れが取れないことが多いようです。まずはそういった部分を手洗いしましょう。

 

そして、もちろんネットに入れるのは当然のことになります。入れる際もできるだけ綺麗に畳んで入れましょう。こうしないとシワがついてしまいます。洗剤ももちろんお洒落着用のものを使い、できれば他の服を入れずに単独で回した方が良いでしょう。

 

また、脱水は最小限にしましょう。脱水し過ぎるとやはりシワの原因となってしまいます。

 

と、このようにコートを自分で洗う場合の注意点にはかなり多くのポイントがあります。ここまで手が掛けられない、という方は素直にクリーニングに出したほうが良いと言えるでしょう。コートやジャケットはかさばりますので、クリーニングでも自宅に回収・お届けしてくれる宅配クリーニングがおすすめです。