宅配クリーニングサービスを展開しているおすすめの会社をご紹介しています

MENU

宅配クリーニングを利用して時間とお金の有効活用をしましょう!

宅配クリーニングは近年、テレビの特集などで取り上げられる機会が増え首都圏を中心に利用者が増えています。店舗に持ち込むのとそう変わらない、もしくは宅配クリーニングの方が安くなる上、自宅から一歩も出ることなく煩わしい用事を済ませられるため、子育てや共働きで家事に専念できない方々にとってとても便利なサービスなのです。

 

当サイトではおすすめの宅配クリーニング会社をご紹介しています。

Lenet(リネット)の特徴

会員数10万人突破!
シミ抜き無料で、不備があった場合、1週間以内であれば無料で再仕上してくれます。
紛失防止策として全衣類をバーコード管理

綺麗な洗浄液を使用しており、石油臭がなく、汚れ落ちも抜群。

最短お届け日は無料会員で【通常7日後】プレミアム会員で【最短2日後】お届け。

価格
評価 評価5
備考
リナビスの特徴

おせっかいな宅配クリーニング屋がモットーのリナビスは、検品→洗い→乾燥→手仕上→プレス工業といったクリーニングにおける基本的工程をすべて熟練職人が行います。

乾燥は自然乾燥をメインに行っており、衣類への負担を最大限に抑えています。

衣類発送からお届けまで最短で5日営業日後のお届けが可能です。

会員数1万人に達した時点で新規のご注文受付終了予定!

価格
評価 評価5
備考
せんたく便の特徴

パック料金がお得なせんたく便は5点・10点パックの設定料金。

プラズマクラスターイオン発生機を設置した専用部屋で保管。

ふとんクリーニングも可能。

最短5日、最長30日までの納品が可能です。

価格
評価 評価5
備考 即日集荷可能

宅配クリーニングとは

宅配クリーニング

宅配クリーニングとは、その名の通り、クリーニングに出す洋服などを選んだあと、お店に自分で運ぶのではなく、自宅に集荷しにきてくれ、クリーニングが済んだあとも、後日お店に取りに行くのではなく、郵送にて自宅に届けてくれるサービスを言います。

 

通常であれば、お店に2回足を運ばないといけないものが、宅配クリーニングであれば自宅から一歩も家を出ることなく、クリーニングが完了します。

 

会社が休みの日に、ゆっくりしたいのにワイシャツをクリーニング屋に持っていくのが煩わしかったりしませんか?

 

育児で忙しい中、小さい子を連れてクリーニング屋に行くのは大変ですよね?

 

宅配クリーニングであれば、指定した時間に集荷、お届けしてもらえたり、コンビニから24時間好きな時間に出せたりするので、大切な時間を捻出することができるんです。

 

でも、店舗だったら直接ここにシミがあるとか、気をつけてほしい点とかお店の人に伝えることができるから安心。。という方もいるでしょう。
また、宅配してもらえる分、値段が高いのでは?と不安を抱く方も多いのかもしれません。

 

そのような心配は無用です。

 

リネットであれば60年の歴史がある東京の工場で最先端のアパレル仕様に1点1点丁寧に仕上げてくれますし、リナビスであれば長年の経験によるベテラン職人の目によって適切な洗い方を判断し作業してくれます。せんたく便もプロのスタッフが一つ一つ丁寧に検品し最後まで責任をもって届けてくれます。

 

 

宅配クリーニングってどんなシミでも落としてくれるの?

宅配クリーニング

ひとえに『シミ』といっても落としにくいもの、落としやすいものがあり、宅配クリーニングでもやはり、落とせないシミもあります。

 

こちらはリネットの公式サイトから抜粋したものになりますが、落とせるシミと落とせないシミの例です。

◎落とせるシミ

  • 油汚れ・・・食油・皮脂・ファンデーション・口紅...etc
  • タンパク質汚れ・・・ご飯・牛乳...etc
  • 水溶性汚れ・・・お茶・コーヒー・ジュース...etc

×落とせないシミ

  • 髪染め、ペンキなどの塗料系汚れ
  • 瞬間接着剤のシミ汚れ
  • ボールペン、万年筆などのインク汚れ
  • シルク製品について汚れ
  • ...etc

時間が経ち、沈着したシミについては落としきることはできません。広範囲に渡っていたり、生地を傷めてしまう可能性があるものに関してはシミ抜きせずに返却されますので、あらかじめ頭に入れておく必要があります。

 

宅配クリーニングの方が店舗に出しに行くよりも安い!?

宅配クリーニング

自宅から一歩もでることなく完了できてしまう宅配クリーニングですが、そんな便利であれば値段は高いのではないか?と思われがちです。

 

いえ、宅配クリーニングの方が年間にすると、クリーニング代金を大幅に抑えることができます。

 

リネットの場合は、一点一点クリーニングに出すことができ、料金もそれぞれ設定されています。

 

リナビスやせんたく便は、パックごとに料金が設定されています。

 

どちらのタイプを利用するかは、用途によって変わってきますので、それぞれ各公式ページで料金の詳細を確認してください。

 

でも、どうしてこんなに便利なのに、店舗より安いの?と疑問に思うと思います。

 

宅配クリーニングであれば、店舗を構えるコストがいらないため、その分料金を安くできるためです。

 

店舗型のクリーニングであれば、テナント料や人件費が発生します。でも宅配クリーニングであれば、すべて数が限られた工場での作業になるため、コストを集約することができるためです。

 

これで宅配クリーニングが何故安いかということが理解できますね。

宅配クリーニングって何でも出せるの?

宅配クリーニング

宅配クリーニングは、自宅から一歩も出ることなくクリーニングが完了できるのですが、出したいものを何でも出せるわけではありません。

 

一般的に店舗型のクリーニング店で出せるものは出せるという認識で大丈夫ですが、詳細は各社HPで確認していただくと掲載されています。

 

取り扱いできないものを間違って送ってしまった場合は、そのまま返却されます。

 

送った品がすべて取り扱い対象外で会った場合は、往復の送料が自己負担となる場合がありますので、宅配クリーニングに出す際は、出してよいものなのか、そうでないものなのかしっかり確認してから出すようにしましょう。